MENU

「スナメリ」は、沿岸域を生息地とする、世界でも一番小さなサイズのくじらの仲間です。
仙台以南の限定された海域で暮らしていて、以前は東京湾や大阪湾にもたくさん生息していました。
日本では、人の暮らしの一番近くにいるくじらで、その気になれば一番手っ取り早く逢いに行けます。
しかし、その存在はあまり知られておらず、人にとって、益にも害にもならない生き物だったせいかこれまでもほとんど注目されず、気がついたときには環境の変化などによりその数を減らし法律で保護しなければならないほどになっていました。

生息域において高次の捕食者であるスナメリは、豊かな海の象徴とされ、自然環境や生態系の健全さを推し量るバロメーターといわれています。

私たち牛窓のスナメリを見守る会は、日本では最大の生息地とされる瀬戸内海でスナメリの観察やさまざまな調査を実施しています。
また観察会などのワークショップを通じて、スナメリと彼らが暮らす瀬戸内海の自然環境を保全するための啓発活動も行っています。